2017/01/18 16:00

窪塚洋介「ガム噛んで」スコセッシ映画に落選してた!才能が引き寄せた“窪塚流”アメリカンドリーム達成秘話

窪塚洋介、不遇の時代を経て大きなチャンスをつかんだ!
窪塚洋介、不遇の時代を経て大きなチャンスをつかんだ!

窪塚洋介の役者人生、新たなステージが幕を開ける。舞台はハリウッド。巨匠マーティン・スコセッシ監督が長年、映画化を熱望してきた『沈黙−サイレンス−』(1月21日公開)で、重要人物・キチジロー役に抜擢されたのだ。

窪塚は「不遇の時代もあったけれど、これですべてが報われた気がする」と噛みしめるが、なんと1回目のオーディションは「ガムを噛んで行って、落とされた」のだとか。目が飛び出るような告白からスタートしたインタビューで、アメリカンドリームを手にした軌跡に迫る!

遠藤周作の小説を映画化した本作。キリシタン弾圧下の長崎を舞台に、師の棄教の真実を探るために日本を訪れた若き司祭が直面する葛藤を、重厚な人物描写とともに描く。窪塚が演じるのは、ユダになぞらえられる裏切り者のキチジロー。最初にオーディションに呼ばれたのは「7年くらい前」と話す。

「1回目のオーディションは、ガムを噛んで行ったことで落とされているんです。そこは控え室だと言われて行ったんですが、部屋に入った瞬間、キャスティング・ディレクターに『マーティンはあんたみたいな無礼なヤツ、大嫌いだからね!』と超キレられて。他の撮影が佳境で、台本も覚えていなかったので、『紙を持ってやるのか!』と。最悪の空気のなかでやったもんで、場の空気にのまれてしまった」。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >