2017/01/21 11:01

エマ・ワトソン、実写版『シンデレラ』主演を断った理由とは

エマ・ワトソンはシンデレラというキャラクターに共感できなかったそうだ/写真:SPLASH/アフロ
エマ・ワトソンはシンデレラというキャラクターに共感できなかったそうだ/写真:SPLASH/アフロ

エマ・ワトソンが、ディズニー製作の『シンデレラ』(15)で「主演のオファーを受けていた」と明かし、「私が演じるキャラクターではない」と思い、断っていたことを明かした。

結局、シンデレラ役はリリー・ジェームズが演じることになったが、エマは「シンデレラのキャラクターには共感できなかった」とし、のちにオファーされた『美女と野獣』(4月21日公開)のベル役こそ、自分が演じるべき女性のキャラクターだと思ったという。

「私が『シンデレラ』の主演を断った時には、まだディズニーが『美女と野獣』を製作するつもりだということを知りませんでした。でも、彼らがベル役をオファーしてくれた時には、シンデレラよりもよっぽど私には感じるものがあったのです」

「ベルは好奇心旺盛で、気持ちが暖かく、オープンな考え方をします。そして、そういう女性こそ私がロールモデルとして演じてみたいキャラクターなのです」とエマは英国の映画誌トータル・フィルムに話した。

「シンデレラはエマには似合わないと思う。彼女はフェミニストだから、ベルがぴったり」「リリーがシンデレラを演じて正解だった。彼女はすごくキレイだった」「演じる役のすべてがロールモデルである必要はないと思うけど」「『美女と野獣』のエマが、どうしてもドレスを着たハーマイオニーに見えてしまう」などの読者コメントが英紙デイリー・メールのサイトには寄せられている。【UK在住/MIKAKO】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >