2017/01/21 10:00

実際どうなの?気になる『カリオストロの城』MX4D版を体験してきた!

不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城 MX4D版』を体験してきた!/原作:モンキー・パンチ [c]TMS
不朽の名作『ルパン三世 カリオストロの城 MX4D版』を体験してきた!/原作:モンキー・パンチ [c]TMS

3Dや4D、爆音上映に、応援上映まで、さまざまな上映形態の広がりをみせているこの頃。4Dは洋画大作などの上映ですっかり一般的になったが、現在、名作『ルパン三世 カリオストロの城』(79)が、原作50周年を記念して『ルパン三世 カリオストロの城 MX4D版』として公開されている。38年前のアニメと最新上映方式のコラボレーション…気になったのでさっそく体験してきた!

■ その場にいるかのような臨場感!冒頭からMX4Dが真価を発揮

劇場は平日の昼間の上映回にも関わらず、空席わずかの盛況ぶり。オリジナル版と見比べたい、ということなのか客層は中高年がメインだった。本編がスタートすると、さっそく座席が動き出す。最初にMX4Dの効果を体感できたのは、冒頭のクラリス追跡のカーチェイスシーン。

ルパン&次元が乗る愛車・フィアットが急にハンドルを切ったり、ガードレールにぶつかったりするたびに、シートが上下左右に激しく揺さぶられる。さらに次元が車から身を乗り出して悪漢たちに銃を撃つと、劇場の壁面から閃光が走り、まるで車に同乗しているかのような臨場感で、一気に映画の世界へと引き込んでくれた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >