2017/01/27 14:07

佐々木蔵之介&関ジャニ∞横山裕、“映画俳優”として受けた刺激とは?

佐々木蔵之介と横山裕がお互いに受けた刺激を語る!
佐々木蔵之介と横山裕がお互いに受けた刺激を語る!

直木賞受賞の黒川博行によるベストセラー小説を映画化した『破門 ふたりのヤクビョーガミ』(1月28日公開)で、佐々木蔵之介と関ジャニ∞の横山裕が新境地に挑んだ。W主演を果たした二人を直撃し、役者として受け合った刺激について聞いた。

主人公は、イケイケやくざの桑原(佐々木)と、ヘタレで貧乏な建設コンサルタントの二宮(横山)。映画制作出資金を持ち逃げされた二人が、失踪した映画プロデューサーを追ってマカオや関西を奔走するうちに、大トラブルへと巻き込まれていく姿を描く大追跡エンタテインメントだ。

二人にとって、新たな世界を切り開く作品となった。佐々木はキレやすいやくざ役として、爆発力あるアクションも披露している。

佐々木は「小説なのに思わず、セリフを音読してしまうような魅力があった。“声に出して読む小説”だなと思ったんです。それくらいたわいもない会話も面白いし、刺すか刺されるかというような場面でも面白い」と原作の魅力に触れ、「そのなかで桑原は、喧嘩に強くて、金勘定ができて、ユーモアもある。こんな面白く魅力的な役はそうそうない。アクションシーンにしても映画だからこそできるものがたくさんあって、とてもいい役に巡り会えたと幸せに思っています」と桑原という役との出会いに感謝する。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン