2017/01/26 16:20

オスカー候補の2人、セクハラ、人種&女性&宗教差別主義者と非難の嵐!

第89回アカデミー賞に監督作『ハクソー・リッジ(原題)』が6部門ノミネートされたメル・ギブソン/写真:SPLASH/アフロ
第89回アカデミー賞に監督作『ハクソー・リッジ(原題)』が6部門ノミネートされたメル・ギブソン/写真:SPLASH/アフロ

現地時間1月24日に、第89回アカデミー賞のノミネートが発表された。昨年の「白すぎるオスカー」から一転、「白すぎない、多様性に富んだオスカー」となったが、今年は別の話題でアカデミー協会が非難の的になっている。

その対象になったのが、『ハクソー・リッジ(原題)』(夏公開)で監督賞にノミネートされたメル・ギブソンと『マンチェスター・バイ・ザ・シー』(5月公開)で主演男優賞にノミネートされたケイシー・アフレックだ。

敬虔なクリスチャンとして知られるメルは、それまで良き夫で父親というイメージが強く、国民的スターだったが、2006年に飲酒運転とスピード違反で逮捕された際、警官に対して反ユダヤ的な差別発言をしたことで大ひんしゅくを買った。さらに2010年には、当時の恋人オクサナ・グリゴリエヴァへの暴言と暴行を行ったとされるテープが流出。DV疑惑がかけられ、最終的な裁判でメルは慰謝料75万ドル(約8500万円)の支払いを命じられた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

雑誌をチェックして、映画やコンサート、アート系の展覧会に出...もっと見る >