2017/05/12 16:00

MUCC、20周年記念ライブ茨城公演で20年前の初ライヴを再現

5月4日@茨城県立県民文化センター大ホール (okmusic UP's)
5月4日@茨城県立県民文化センター大ホール (okmusic UP's)
MUCCが、5月4日に結成20周年記念ライヴ『家路 ~Happy Birthday to MUCC~』を地元である茨城県立県民文化センター大ホールで開催した。

【その他の画像】MUCC

初めてライヴをした1997年5月4日から、地元である茨城水戸ライトハウスを中心に活動を始めたMUCCは、2017年5月4日に20回目の誕生日を迎えた。彼らは、バンド結成から20周年という節目のライヴを行なうため、地元である茨城県立県民文化センター大ホールを選んでいたのだが、それは、単なる凱旋公演ではなく、20年という歴史を築いてこれたMUCCというバンドの現在と、自らの過去を対面させるための特別な想いからだったのだ。彼らがここに立つのは2007年11月25日の10周年記念ライヴ『MUCC 10th Anniversary Memorial Live“家路”』以来、実に10年ぶりであった。当時は、オープニングに『残酷な天使のテーゼ』を用い、『新世紀エヴァンゲリオン』の碇シンジ役である緒方恵美の影アナで意表を付くなど、何かとサプライズを仕掛ける彼ららしい演出はあったものの、子供の頃から在った憧れの地元大ホールでのライヴということもあり、等身大の自分たちで向き合った純粋な凱旋公演だった。そこからさらに10年。オーディエンスを楽しませる技量が増した彼らは、確実に“この日、この場所でしか出来ないライヴ”を残したと言えるだろう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >