2017/05/16 20:00

U2、巨大スクリーンが圧巻の『ヨシュア・トゥリー』再現ツアーがスタート

5月14日@シアトル公演 (okmusic UP's)
5月14日@シアトル公演 (okmusic UP's)
U2が5月12日にカナダのバンクーバーより、アルバム『ヨシュア・トゥリー』の再現ツアー『ヨシュア・トゥリー・ツアー 2017』をスタートさせ、14日にはシアトルでアメリカ公演の初日を迎えた。

【その他の画像】U2

このツアーは今夏北米とヨーロッパのスタジアムで33公演が行わなれ、170万人の観客を動員する。

『ヨシュア・トゥリー』オリジナル・リリース当時のU2は、アメリカの風景、人々、文学などに影響を受け、アルバムにもツアーにもその思いが反映されていた。30年を経た今でも、その魅力は特に現代的なものに感じられ、このアルバムを再訪することはU2のアメリカ大陸への特別な思いを確認する絶好のタイミングとなる。

セットリストは、『ヨシュア・トゥリー』の11曲を曲順通りに演奏(このため「レッド・ヒル・マイニング・タウン」がライヴ初披露となった)、前後に数曲ずつ人気のヒット曲をBステージを使って演奏、アンコールの最後には新曲も披露するという構成。シアトル公演では、この地出身のバンド、パール・ジャムのエディ・ヴェダー(Vo)がゲスト出演、サポート・アクトのマムフォード&サンズも登場して全員で「マザーズ・オブ・ザ・ディサピアード」を共演するという、ロック・ファンにとって非常にうれしいサプライズもあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >