2017/05/19 18:00

ライヴアクトとしての本領を発揮したJ・ガイルズ・バンドの傑作ライヴ盤『フル・ハウス』

『
『"Live" Full House』(’72)/J.GEILS BAND (okmusic UP's)
ブルースやR&Bといった黒人音楽に影響されつつも、骨太のロックフィールを感じさせてくれたJ・ガイルズ・バンド。今ではすっかり忘れられた存在になってしまっているが、こんなにゴキゲンなグループはなかなかいない。70年の『デビュー!(原題:The J. Geils Band)』から84年の『ヒップ・アート (原題:You’re Gettin’ Even While I’m Gettin’ Odd)』まで、グループとしては14枚のアルバムをリリースしてはいるものの、看板ヴォーカリストでありソングライターでもあったピーター・ウルフが83年に脱退しているため、実質上は82年にリリースされたライヴ盤『ショー・タイム!』までの13枚(ベスト盤は除く)となる。今回は彼らがもっとも光り輝いていた初期のライヴ盤『フル・ハウス(原題:“Live”- Full House)』(‘72)を紹介する。

【その他の画像】J. Geils Band

■ブルースが中心だった70年代日本のロックシーン

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >