2017/06/25 13:30

MUCC、日本武道館での結成20周年記念ライブが閉幕

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
MUCCが6月20日と21日に東京・日本武道館で、結成20周年記念ライブ『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 ~そして伝説へ~』を行なった。

2017年6月20日21日。MUCCは20周年という節目の年のちょうど真ん中に武道館でのライヴを置いた。結成から20年。1年を通して選んだ過去との対面の時間の中で、この2日間の武道館ライヴは、MUCCというバンドの成長をリアルに体感できた時間だった。【過去との対面】であった2日間のライヴタイトルには、これまでにリリースされてきた、過去のアルバムタイトルの頭文字を並べたものであり、それはその日行われるライヴを紐解く手がかりとなっていたとも言えるだろう。6時9分から始まるという、【69(MUCC)】にこだわった時間設定で幕を開けた『MUCC 20TH-21ST ANNIVERSARY 飛翔への脈拍 ~そして伝説へ~ 第I章 97-06 哀ア痛葬是朽鵬6』と名付けられた1日目のライヴは、会場内の照明がすべてつけられた状態の中で、時計の秒針の音が会場に不気味に響きわたるという演出からスタートした。オーディエンスがその秒針に合せて手拍子を重ねると、ステージから放たれた強い青白い照明は、一つ一つその光を落としていった。会場内のすべての光が失われたその場に4人が姿を現し、ステージに松明が灯ると、SATOちのドラムからその曲は始まった。「朽木の塔」である。この曲は、2004年9月に発売されたムックの4thアルバム『朽木の灯』のラストに置かれている8分越えの大作だ。互いの人生をも背負う運命共同体であるバンドという人生の中で起こった出来事への贖罪を唄うこの曲は、彼らにとっては特別なものなのだ。しかし、この贖罪を通じて未来へと歩みを進めることを選んだ彼らは、2006年の6月6日にワールドツアーのファイナルとして行った初の武道館公演『MUCC WORLD TOUR “TOUR FINAL「666」”』でこの曲を封印したのである。まさに、その時のライヴの始まりが「朽木の塔」だったのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >