2017/06/30 14:00

アンドリュー・マクマホン、SHE'Sの井上竜馬と話題のCM楽曲を初共演

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
元サムシング・コーポレイト、ジャックス・マネキンのフロントマンであるアンドリュー・マクマホンの最新アルバム『ファイヤー・エスケイプ』の発売を記念したインストア・イベントが、6月28日(水)にタワーレコード新宿店で開催された。

開演時間の20時30分になると、会場はアンドリューの姿を一目見ようという200人以上の観客で満杯に。満を持してサポート・ミュージシャンのザック・クラーク(key)と登場したアンドリューがはじめに演奏した楽曲は、前作アルバムのタイトル・トラック「セシリア・アンド・ザ・サテライト」。このドラマチックな楽曲は、今年3歳を迎えた愛娘セシリアへの愛を歌ったアンドリューの代表曲のひとつであり、泣きのメロディと歌詞に早くも会場は感動的な雰囲気となった。

『今日は来てくれてありがとう!』と簡単な挨拶を終え、最新アルバム『ファイヤー・エスケイプ』の8曲目に収録され、アンドリュー自身もお気に入りと語る「ウォーキング・イン・マイ・スリープ」が演奏された。キーボード二台での演奏でありながらも疾走感が消えることはなく、サムシング・コーポレイト時代のアンドリューを彷彿とさせるエモーショナルな演奏となった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの持つ感受性が注目される日。作品づくりをしてるなら発...もっと見る >