2017/07/03 16:00

FLOW、熱狂の15周年ツアーが 恵比寿リキッドルームより開幕!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
7月2日 恵比寿リキッドルームのライブにて、FLOWが15周年イヤーをスタートさせた。

SEのスタートと同時に恵比寿リキッドルームを包んだ歓声は轟音。誰もがこの時を待っていた。IWASAKI、TAKE、GOT'S、KEIGOの順にメンバーが登場。少し遅れてKOHSHIがステージに入ってきた。1曲目から会場は全員の大ジャンプで大揺れ。昔からのファンもFLOWを最近知ったかもしれないライブキッズ層も入り混じってグイグイと前方の人口密度を濃くしていく。今回のミニアルバムのためにメンバーそれぞれが作った楽曲から、KOHSHI作の「Go! Go! Drinkers」ではKOHSHIが楽曲中にショットを一気に飲み干した。『以前からお酒をテーマにした曲を作りたいと思っていてやっと書けた』と語っていた彼にとって、今日のこの一杯は最高のものになった事だろう。

『15年目に突入! 俺たちがFLOWだー!』というKEIGOの煽りにオーディエンスは両手を挙げ、約2000本の手のひらで応えた。『みんなでやってきたんだよ。全員のお祝いだから!』。MCでそう語ったKEIGOは続く曲のギターソロでは最後の1拍まで、ギリギリまで拳を突き上げオーディエンスを煽り続ける。GOT'S作の「秘密の作戦」では会場が熱気に溢れ、GOT'Sのベースソロになった時にはベースの音をかき消すほどのオーディエンスの声が会場を埋めつくす。TAKE作による「クライムオン」では、これまでとは一転し、会場が一気に大人な雰囲気に。15年向き合い続けてきたオーディエンスはさすがで、この雰囲気の変化にもなんのその。それぞれの楽しみ方で自然に身を任せていた。IWASAKI作の「Bet or Dead」は80年代のアメリカンロックを彷彿させるその楽曲が、瞬く間に体感したことない空気へと変え、FLOWのまた新しい形のエンターテイメントロックを見た。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >