2017/07/11 14:00

BURNOUT SYNDROMES、笑顔と熱気があふれたツアーファイナル

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
BURNOUT SYNDROMESが7月6日、全国ツーマンツアー『Butterfly in the stomach』のファイナル公演を東京・渋谷WWWで開催した。

石川大裕(Ba./Cho.)の「一緒に燃え尽きてくれますか!東京!」の掛け声に応える会場の「1,2,3,4!」のカウントでスタートしたライブ。1曲目の「エアギターガール」から廣瀬拓哉(Dr./Cho.)の煽りに会場も熱狂、オープニングから、今のBURNOUT SYNDROMESの勢いが感じられる盛り上がりをみせ、一気に一体感に包まれた。

インディーズ時代の名曲「文學少女」、ファンの中での大人気曲「エレベーターガール」、そして新曲「吾輩は猫である」へと続く。新曲は、猫をテーマにした曲で、会場には涙する人も。

その後も昨年の大ヒットソング「ヒカリアレ」「FLY HIGH!!」で会場は最高潮の盛り上がり。渋谷WWWが、どこか野外フェスの会場のように感じるほど、会場全体が、拳を突き上げて盛り上がれる選曲だった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >