2017/07/12 13:00

POLYSICS、ワケがわからないほどクレイジーな 渋谷クアトロ3デイズ終了!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ポリシックスの結成20周年を記念して6月から始まったツーマン・ツアー〈POLYMPIC 2017〉。Wiennersに始まり、キュウソネコカミ、岡崎体育、パスピエなど多彩なゲストを迎えて全国を回ってきた彼らが、いよいよ東京に戻って開催するのがこの渋谷クアトロ3デイズである。

初日はBase Ball Bear、二日目はTHE BACK HORN、三日目には銀杏BOYZがゲストに迎えられた。音楽性はそれぞれ違うし、またポリと似ているわけでもないのだが(そもそもポリにはシーンもフォロワーも皆無!)、小出祐介も山田将司も峯田和伸も、それぞれ自分の言葉でポリシックスへの愛情を表現していたのが興味深かった。孤高でありながら孤立しているわけじゃない、むしろ同業者がまず理解と敬意を示したくなるバンドなのだろう。

そのポリは、三日間ともアルバム『Replay!』の収録曲をメインにステージに立った。ライブの代表曲を現在の3人体制でリアレンジ/再録音したベスト盤のような作品で、つまりライブで盛り上がらないわけがない鉄板曲がずらり。放っておいてもファンは狂喜乱舞するわけだが、その中でも細かくセットリストを変えていくところに彼らのこだわりがあった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

反抗心が強くなりそう。その気持ちを自分のオリジナルなやり方...もっと見る >

おすすめキャンペーン