2017/07/16 00:30

世界レベルのハイトーンボイスを持つ Beverlyがブレイクに王手!

小栗旬がその歌声に聴き惚れ、彼が主演するドラマのプロデューサーに紹介し、『CRISIS 公安機動捜査隊特撮班』の主題歌&挿入歌に決定したというシンデレラガール、Beverly。確かに彼女の特徴とも言うべきその歌声を聴けば、きっと納得できることだろう。スコーンと抜けるハイトーンヴォイスは、そうそう聴くことができない美しく強いもの。過去の例を挙げれば、マライアキャリーのような何オクターブも軽々と出してしまうその歌声は、一瞬で聴く人の心を惹きつけるのだ。

とはいえ、ここで浮かぶのが、“彼女は一体誰?”という素朴な疑問。名前とビジュアルから見て日本人でないことが分かるが、日本語の曲を気持ち良く歌い上げている。そこで彼女のバイオグラフィーを覗くと、実は世界で数々の賞を受賞したことのある実力派の歌姫だったのだ。

とても大人っぽく見えるビジュアルと、圧倒的で力強い歌声が印象的な彼女だが、現在、94年生まれの23歳。フィリピンに生まれた彼女は、母国の有名作曲家ベニーサトルノ氏とトレーニングを重ね、フィリピンはもちろん、アメリカなどの音楽祭で数多くの受賞歴を持つ。日本では昨年、8月に行なわれたエイベックスの野外フェス『a-nation』のシューティングアクトに抜擢され、新人ながら異例の喝さいを浴びた。そこでの歌声で心を揺さぶられた人は多く、2017年の元旦には、世界が注目したピコ太郎に、“今年ブレイクするアーティスト”として紹介されたのだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン