2017/07/17 00:00

【the band apart】 最終的にシンプルにしようと思ってこうなった

爽快で明るさもありつつトリッキーなスパイスの効いたサウンドと、混沌と前進感が詰まった歌詞が、絶妙なバランスで成り立つ約2年半ぶりのオリジナルアルバム『Memories to Go』。そんなバンアパの強さが存分に発揮された作品について、木暮栄一(Dr)が語ってくれた。

──ニューアルバム『Memories to Go』はどんな作品を目指したのですか?

「曲を作り始めた頃はコズミック感のある実験的なアルバムにしようと俺が勝手に思ってて、そうメンバーにも言ってたんですよ。サンダーキャットを聴いて、久しぶりにチック・コリアの「リターン・トゥ・フォーエバー」とかジャズロックをDJでかけたりしてたんです。次はこういう感じかなと思ったけど、そうはならなかったですね(笑)。」

──それはなぜですか?

「今回、今までで制作に一番時間かかって試行錯誤したんです。ああいうジャズロックの感じって、セッションで作り上げていかないとできない。それに心に余裕がなくて、“ここを変拍子にしよう”とかできなくて(笑)。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >