2017/07/18 18:00

ケツメイシの「はじまりの予感」は恋する瞬間のときめきを描いた、美しくも切ないミディアムチューン

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ふと、目の前の景色が変わる瞬間がある。新しい夢に気づいた時、大切な人と出会えた時、そして、恋に落ちた時。それまで意識せず見ていたもの全てに色が付き、煌びやかに光って見える。その瞬間はとても尊くて、美しくて、素晴らしい。とはいえ、そう簡単には出会えない。だからこそ、その瞬間を経験したのであれば、その時に胸に抱いた感覚は、絶対的に大事にするべきなのだ。

ケツメイシの新曲「はじまりの予感」は、そんな恋をした瞬間のトキメキを描いている。曲の中でも《こんな感じ 何年振り?》とその瞬間に戸惑い、いつからかその気持ちを素直に認めることができない自分に対し、《いつから不器用な大人に》と綴っている。“大人になったからこそ、恋愛はそう簡単に上手くいくことはないということが分かっている。でも、だからこそ――”。そんなほろ苦く、甘酸っぱい想いがリアルに描かれたこの曲は、多くの人に届き、共感を呼ぶはずだ。

そんな切なくも美しい歌詞の世界を包み込むのは、“これぞ、ケツメイシ!”と思わせるとてもメロディアスで気持ちのいいサウンド。自然と身体を揺らすことができるミディアムチューンは、どんな時でも心地良くさせてくれる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >