2017/07/22 00:30

【Mrs. GREEN APPLE】 『ゼンジン未到とロワジール〜東京編』 2017年7月15日 at 日比谷野外大音楽堂

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
 梅雨明け間近の東京、むせ返る熱気、蝉の声。立見席までぎっしり満員の日比谷野外大音楽堂に、Mrs. GREEN APPLEが夏を連れてきた。大森元貴(Vo&Gu)がバンドロゴを染め抜いた大旗を掲げる威風堂々の入場シーンから、1曲目「StaRt」で波に乗ると、「リスキーゲーム」では早くもタオル回しで大はしゃぎ。藤澤涼架(Key)のピアノによる、絶妙なループ感が気持ち良い「アンゼンパイ」から、若井滉斗(Gu)が猛烈ラウドギターをかき鳴らす「ナニヲナニヲ」へ。暑さに負けず、メンバー全員気合満点だ。

 「HeLLo」では、髙野清宗(Ba)がご機嫌なファンクベースを、「Oz」ではクールなシンセべースを弾く。大森がハンドマイクに持ち替えてステージを駆け抜ければ、藤澤も負けじと、キーボードを離れて踊りまくる。自由自在のフォーメーション。ミセスのライヴは、目で観る喜びが本当に大きい。立て続けに、ディスコビートの「VIP」、山中綾華(Dr)のパンキッシュな豪快ドラムが聴ける「CONFLICT」、日本のお祭りビートを取り込んだ「No.7」など、アッパーなダンスロックの連発は、ミセスの得意分野だ。一転して、アコースティックセットで歌われた「ノニサクウタ」は、暮れなずむ野音の空と、時折吹く涼風によく似合う、心温まるスローバラード。ミセスの曲調の多彩さは、ライヴの空気の中でこそ、その魅力を最大限に堪能できる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

お誘いが多く人気者になれる日。美的センスも冴えるので、華や...もっと見る >