2017/07/27 17:00

YUKI、故郷で15周年記念ツアーがファイナル

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
広島グリーンアリーナ公演(4月29日)を皮切りにスタートした「YUKI concert tour“Blink Blink"2017」(全13 公演)が、7月23 日に函館アリーナ(北海道)でツアーファイナルを迎えた。函館はYUKIが生まれ育ち、19歳まで暮らしていた街。バンド時代に何度か函館でライブを行っているが、ソロになってからは地元・函館でワンマンライブを行うのは2005年以来ということもあり、YUKIはもちろんのこと、3,800人の観客たちにも特別な高揚感をもたらしたツアーファイナル公演になった。

今回のツアーは今年3 月にリリースした8thアルバム『まばたき』を携えたツアーではあったが、ソロデビュー15周年の年に行うツアーということもあり、YUKIは「15周年のお祭りをファンのみんなと一緒にお祝いしたい」という思いを込めて、新旧織り交ぜたメニューを用意。アルバム『まばたき』の1曲目を飾っていた「暴れたがっている」がライブの幕開けを告げる。“暴れている"でも“暴れたい"でもなく、“暴れたがっている"という瞬間の衝動を歌詞にしたこの曲は、ライブの始まりにとても似合っていた。歌詞に刻んだ“あなたがいたから私がいるんだ"という思いは、YUKIの中で決して変わることがないんだと、心から信じられる歌になった「プレゼント」。15年前に鮮烈な印象を残したソロデビュー曲「the end of shite」。ソロになったばかりの頃の不安と希望を刻んだ「プリズム」。(この曲を聞きながら、YUKIが「NHK紅白歌合戦」にソロとして初出場したときのことを思い出したファンもきっと多かったことだろう)。ライブに欠かせない曲へと成長した「ランデヴー」「ワンダーライン」「WAGON」。YUKIの新境地を開いてくれた「JOY」や「恋愛模様」など、イントロが流れた瞬間から曲タイトルやメロディがすぐに思い浮かび、客席にいるひとりひとりの人生や思い出と重なり合っている曲が、最新アルバム『まばたき』収録曲と共にメニューに並んだ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >