2017/08/02 18:00

『恋のウルトラ大作戦』は90年代エンタメをロックで体現した、すかんちのデビュー作

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ROLLYが佐藤研二(ex.マルコシアス・バンプ)と高橋ロジャー和久(ex.X-RAY)とともに結成したバンド、The MANJIが8月3日からアルバム『TRIPLED』のレコ発ツアーを開催。役者やタレントとしての露出の他、ナレーションの仕事もこなすなど(任天堂『スプラトゥーン2』CMのナレーションはROLLYが担当!)、マルチに活動するROLLYだが、やはり彼にはロックスターとしてのスタイルが一番しっくりくる。というわけで、ROLLYを最初に世に送り出したバンド、すかんちをご紹介!

■先達へのリスペクトを隠さなかった1990年代

“コピー世代”を自称し、《「僕のようなアニメや漫画をばかり観てきた世代は、パッと浮かんだことにだいたいいつも元ネタがあり、時に嫌になる」という趣旨の発言》を残しているのは映画監督の庵野秀明氏だ(《》はWikipediaからの引用)。実際、2016年、第40回日本アカデミー賞において最優秀作品賞を受賞した『シン・ゴジラ』にしても、観る人が観たらはっきりと元ネタが分かるシーンや演出は多い。というよりも、やや乱暴に言えば、元ネタが分かるシーンをつなぎ合わせて一本の作品に仕上げた感すらある。それは氏の代表作であり、出世作である『新世紀エヴァンゲリオン』にしてもそうで、これは庵野氏の作家性であると同時に、1990年代以降のエンタテインメントの傾向ではあるような気もする。同じ映画というカテゴリで言えば、クエンティン・タランティーノ監督もそうだ。『キル・ビル Vol.1』や『ジャンゴ 繋がれざる者』が分かりやすいと思うが、氏の作品には日本映画やイタリア映画への敬愛がそれと分かるように詰め込まれている。その作風をして“サンプリング映画”とも呼ばれているようで、確かに言い得て妙ではある。単なる模倣に留まることなく、しっかりとした先達へのリスペクトから生まれたオマージュ。この辺は、映画や映像のカルチャーが数世代に渡って連なってきたからこその事象であろうと思われる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

感情のアップダウンが激しくなりそう。怒りのあまり八つ当たり...もっと見る >