2017/08/03 18:30

Plastic Tree、トリビュートアルバムのアートワークは “劇団イヌカレー”の泥犬が担当

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ロックを基軸に幅広い音楽性で進化を続けるバンド、Plastic Tree。2017年にメジャーデビュー20周年を迎え、周年を“樹念”して9月6日にリリースする、12組のアーティストが参加したトリビュートアルバム『Plastic Tree Tribute〜Transparent Branches〜』のジャケットを公開した。

トリビュートアルバムのアートワークを担当するのは、人気アニメーション作家ユニット、“劇団イヌカレー”の泥犬。泥犬とは、2014年~2015年のシングル「マイム」、「スロウ」、「落花」に加え、アルバム『剥製』でタッグを組み大きな反響を呼んだ。泥犬がPlastic Treeのアートワークを全面的に手掛けるのは、およそ2年ぶりとのこと。ジャケットはバンド名を体現した神秘的な“樹”のイラストで、20周年ならではのアートワークとなっている。

アルバムの収録曲も全て公開となり、ジャンルを超えた12組のアーティストが、新旧曲問わずにセレクトした楽曲が揃っている。それぞれ思い入れを持ったPlastic Treeの楽曲をどのようなアレンジでカバーするのか、楽しみに待とう。そして今作のボーナストラックには、新たにレコーディングされたPlastic Treeの「ゼロ」が収録決定! 「ゼロ」は2007年の日本武道館公演時に会場限定で配布され、配布以降は音源として世に出ることがなかった幻の楽曲だが、近年のリクエストライブでも常に上位にランクインする隠れた人気楽曲。待望の音源化にぜひ注目してほしい。また、トリビュートアルバムの購入特典として、タワーレコード限定でメジャーデビュー二十周年“樹念”オリジナルA4クリアファイルも決定している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

優柔不断になりやすい今日のあなた。あわせてばかりではチャン...もっと見る >