2017/08/09 12:30

超特急、5,000人の笑顔にあふれたツアーファイナルで 3大都市5公演のアリーナツアーを発表!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
4月末よりCDデビュー5周年記念の全国ツアー『Trans NIPPON Express』を開催してきた7人組ダンス&ボーカルグループ・超特急が、8月8日に東京国際フォーラム・ホールAでツアーファイナルを開催! 各地でライブを重ねて磨き上げてきたパフォーマンスと、スペシャルメドレーを始めとするファイナルならではの粋な演出、そして待望の東名阪アリーナ公演の発表で、全国21都市23公演に及ぶツアーのフィナーレを5,000人の笑顔で飾ってみせた。

4ヶ月にわたり55000人を動員する史上最大規模のツアーに伴って、「超ネバギバDANCE」に「My Buddy」と2枚のシングルをリリースし、それぞれオリコンウィークリーチャート1位、史上最高売上を記録しての2位と、止まることのない勢いを証明してきた超特急。ツアーも各地でソールドアウトが続出し、回を重ねるごとにライブの熱気は高まってきた。彼らのファンを8号車と呼ぶことにちなんで、8月8日の“8号車の日”に行われたファイナル公演も、チケットは当然ながら秒速完売! 三面の超大型LEDに“TOUR FINA L AMAZING”の文字とメンバーが順に映し出されるサイバーな映像を背に、1号車のコーイチから一人ずつステージに登場して、各メンバーカラーのレーザー光線の中で投げキスを交えてソロダンスをすれば、客席は8号車の黄色い歓声で埋め尽くされる。そして7人が揃ったところで贈られた1曲目は「We Can Do It!」。早くも汗だくになって「COME ON!」と8号車を手招きするカイを中心に、セクシーな表情の際立つナンバーで場内を魅了して、続く「Believe×Believe」では怪しげな洋館を映したLEDスクリーンをバックに、まずはインパクトの強いヴィジュアルで圧倒する。しかし「No.1」に続くと、『みんなペンライトつけて!ツアーファイナル最高の1日にしようぜ!』というユーキの合図で一気に8号車のペンライトが灯り、全員での大合唱が湧き起こる「Burn!」ではメンバーがステージいっぱいに広がって、早くも8号車との一体感は最高潮に。ファイナルということで“声出して!”と叫ぶメンバーのテンションもド頭から臨界点を超え、8号車と共に作り上げるステージという彼らの最大の魅力を、頭から全開にしてゆく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

社交運のいい日。どんなお誘いにも積極的にのってみよう。友達...もっと見る >