2017/08/15 14:00

原田知世、デビュー35周年記念映画祭に 音楽プロデューサーの伊藤ゴローと登壇

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
原田知世のデビュー35周年を記念して、これまでの出演作品13作品を2週間にわたり日替わりで上映する、原田知世映画祭「映画と私」がヒューマントラストシネマ渋谷で現在開催中だ。そんな中、8月11日(金・祝)は「SPECIAL MUSIC DAY」と題し、ライヴ映像作品『MELTING SUN & ICE MOON』が初めてスクリーンで上映された。そして、上映前にはトークショーが開催され、原田知世と音楽プロデューサーの伊藤ゴローが出演した。

200人の満員の観客の前に、さわやかな水色のワンピースで登場した原田知世。まずは、女優としてのこれまでのキャリアを振り返り、「時間をかけてじっくりと作品を作り上げていく映画の現場が好きですし、良い作品と良いタイミングで出会えてきた幸せな女優人生でした」と語った。また、「10代の頃の作品は、そのときにしかないきらめきを作品の中に記録していただけたので、どれも宝物になっています」と語った上で、今回の上映作品の中で特に印象深かった作品は?との問いに、20代の最後に改めて芝居と向き合うきっかけとなったという『落下する夕方』と、大好きな作品である『サヨナラCOLOR』の2本を挙げた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >