2017/08/18 18:00

トリプルギターが炸裂するレーナード・スキナード絶頂期のライヴ盤『ワン・モア・フロム・ザ・ロード』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
70年代初頭から中頃にかけて、アメリカンロックのひとつの大きな柱となっていたのがサザンロックであった。サザンロックはその名の通り、アラバマ、ジョージア、フロリダ、テネシー等のアメリカ南部諸州から登場してきたロックグループの総称である。サザンロックの形態を確立したのは、1969年にデビューしたオールマン・ブラザーズ・バンドで、後進の多くのグループは細かな部分での味付けは変えているものの、骨格部分はオールマンのスタイルを踏襲している。要するにサザンロックのグループは音が似ているのだ。今回紹介するレーナード・スキナードは、サザンロッカーとしてデビューしてはいるが、5作目となる本作(初のライヴ盤)では、ブリティッシュハードロックにも似た重厚さとトリプルリードギターのダイナミックさで圧倒的な存在感を見せた。本作は2枚組にもかかわらず100万枚を超えるセールスを記録し、サザンロックの人気を世界水準まで引き上げることに成功したのである。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >