2017/08/24 10:00

【ねごと】 ミステリアスな“スピッツイズム”を継承したい

土屋太鳳主演の映画『トリガール!』とタッグを組んだダブルAサイドシングル「空も飛べるはず / ALL RIGHT」。人力飛行機に青春を懸ける若者たちを描いた作品が、ねごとの持つ片や透明感と、片や疾走感と溶け合い、世代を超えたときめきを与える今作について、蒼山幸子(Vo&Key)が語る。

──今回のシングルは映画『トリガール!』の主題歌&挿入歌な上に、前者はスピッツの名曲カバーということで、少なからずプレッシャーもありませんでしたか?

「いえ、プレッシャーよりも“ぜひやりたいです!”っていう気持ちのほうが大きかったですね。今回は監督から“ぜひ主題歌と挿入歌をねごとにお願いしたい”というお話をいただいて、その時点で「空も飛べるはず」のカバーということも決まっていたのですが…私、日本のバンドで一番好きなんじゃないかと思うくらい、スピッツさんが大好きなんですよ。しかも、映像を観させていただいたら、映画も“青春”というところにフィーチャーしたすごく気持ちが良い作品で。土屋太鳳さん演じる主人公のパワフルさにも惹かれましたし、テンポ感も良くて素敵な映画だったから、その主題歌で「空も飛べるはず」をカバーさせていただけるなんて、こんなに良いお話はないなぁと嬉しかったです。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >