2017/08/31 12:00

手塚治虫×冨田勲×初音ミクによる コラボアルバムの内容がついに明らかに!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
手塚治虫の生誕90周年、冨田勲の生誕85周年、さらに初音ミクの歌声合成ソフトウェア発売から10周年を記念して企画された異色のコラボレーションアルバム『初音ミク Sings “手塚治虫と冨田勲の音楽を生演奏で”』のリリースが9月6日に近づく中、全曲試聴と今作の収録曲で構成されたクロスフェード動画が公開となった。日本ジャズ界のレジェンド、佐藤允彦によるジャズ生演奏をバックに、「リボンの騎士」「ジャングル大帝」「どろろ」など、冨田勲×手塚治虫往年の楽曲を初音ミクや重音テトらバーチャルシンガーの歌声、さらにリアルなシンガーとのデュエットを織り交ぜながら展開する内容だ。

さらに、初音ミクは歌のみならず、ナビゲーターとして全編にわたって語り手として登場。また、アルバム最後に収録されているスペシャルエンディング「全ての手塚作品へ敬意を。初音ミクより、ラップに乗せて」は、ミクがオフィシャルでは初めての「ラップ/ポエトリーリーディング(詩の朗読)」を展開。気鋭のトラックメイカーしじまかいせによるトラックをベースに、クリプトン社が既存の初音ミクソフトウェアに手を加えることでバーチャルシンガーに新たな息吹を吹き込み、偉大なる先達である巨人・手塚治虫の世界観にリスペクトを捧げるラップ/ポエトリーリーディングを披露する。全曲試聴でその一端を聴くことができるので、ぜひともチェックしてみてほしい。そして、クロスフェード動画では、初音ミクが登場して内容を紹介。アルバムに収録のゲストとのトークシーンほか、注目のラップ部分のパフォーマンスシーンも収められている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

家で好きなことに没頭しよう。ペットと遊べば時間を忘れそう。...もっと見る >