2017/09/04 14:45

湘南乃風、野外ワンマンファイナルにて 15周年ツアー開催を発表

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
9月3日(日)、湘南乃風が初の野外ワンマンライブツアー『SummerHolic 2017』のファイナル公演を開催した。7月29日(土)&30日(日)は東海地区・ナガシマスパーランド(三重)2DAYS、8月12日(土)&13日(日)は関西地区・舞洲野外特設ステージ2DAYSと灼熱のステージングで来場したファンを魅了し、そして迎えたツアーファイナルとなる、地元横浜・赤レンガ 野外特設ステージはなんと、1日昼公演、夜公演の2公演! およそ20,000人を超える(1公演の集客は10,000人)ファンで埋め尽くされた特設ステージは、熱気に溢れかえったことは言うまでもない。昼公演は「SUN SPLASH」と称し、灼熱の太陽の真下、水しぶきの演出と圧巻のライブパフォーマンス、そして夜は「STARLIGHT」と称し、月と星が輝く真下で、照明のライトアップが映える演出の異なる2コンセプトで贈るワンマンライブツアーとなった。

昼公演の口火を切るのは、演出としても初となる地元・横浜のチアリーディングチームのキレのダンスから始まり、湘南乃風のツアーではお馴染みのMONSTER RIONによるDJタイム。これから起こる最高のライブを感じさせるプレイに会場は大いに盛り上がる。MONSTER RIONの煽り声で本編オープニング映像が流れ出し、湘南乃風の代表曲「睡蓮花」から始まり、東海・関西を凌ぐ、ツアー最大級の水量を誇る1.5tもの特効の水しぶきが太陽の真下で何度も噴射され、会場のボルテージも1曲目から最高潮へ。続く「覇王樹」、「炎天夏」と続き、最初から全開のタオル回しが会場で巻き起こる。代表曲や新曲などを織り交ぜながらの曲構成と、野外という特別な環境で体感する湘南乃風のライブは、誰もが熱くヒートアップするライブに感じただろう。ライブの途中からは、センターステージ(サブステージ)へと移動し、そのステージの上でメンバー、そして会場に詰め掛けたファンが、気持ちいいくらいに晴れ渡る青空と太陽の下で一つになっていく様は圧巻だ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

美的センス抜群の日。流行をとりいれつつ、場にマッチするファ...もっと見る >