2017/09/13 18:00

『Atomic Heart』で改めて確認できる、Mr.Childrenのロックバンドとしての矜持

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
今年メジャーデビュー25周年を迎えたMr.Childrenのツアー『Mr.Children DOME & STADIUM TOUR 2017 Thanksgiving 25』が、9月9日にフィナーレを迎えた。文字通り、全国のドームとスタジアムを回り、実に延べ約70万人を動員という破格の規模のツアーで、20年以上に渡って日本の音楽シーンの頂点に君臨するモンスターバンドの貫禄を見せつけた格好だ。そんなMr.Childrenの名盤は数多いが、彼らが現在の方向性を確立した重要作として、1994年の4thアルバム『Atomic Heart』を取り上げてみた。

■現在へと続く、バンドのターニングポイント

Mr.Children(以下、ミスチル)は、今、日本においてもっとも説明不要なバンドだろう。いや、今だけでなく、ここ20年間、説明不要状態が続いていると言ってもいいかもしれない。多くの人が、ミスチルがどんなバンドか知っている。CD総売上枚数歴代2位。CDシングル総売上、CDアルバム総売上共に歴代3位。今もなお何が起こっても変じゃない時代ではあるから、CD売上の歴代順位は変わることもあるだろうが、それにしても昨今のシーンの状況を鑑みれば、向こう10年、20年でいきなり50位以下に落ちることもないだろうから、ミスチルは間違いなく今後も日本の芸能史にその名を残し続ける存在と言ってもいい。売上枚数云々以前に、彼らが発表してきた楽曲はとにかく印象的なものばかりである。「Tomorrow never knows」「名もなき詩」「シーソーゲーム~勇敢な恋の歌~」「【es】~Theme of es~」「花~Memento-Mori~」「終わりなき旅」etc.。卓越したメロディに強靭な言葉を見事に乗せたミスチルの楽曲は時代に添い、日本の世相に沿ってきた。親しみやすいが決して下世話ではなく、シリアスなメッセージ性を湛えつつもしっかりと大衆的。そんな絶妙なバランス感覚もミスチルの魅力であろうし、それを持ち得たからこそ、今も彼らは日本の音楽シーンのトップで在り続けているのだろう。説明不要なバンドと言いながらくどくどと語ってしまったが、その音楽性についてはみなさんがよくご存知のはずなので割愛するとして──では、それがいつから確立されたのであろうか。これは、1994年9月、4thアルバム『Atomic Heart』から本格化してきたと見て間違いはないと思う。以下、その点での解説を中心としながら、このバンドのターニングポイントと言える作品を紹介していこう。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

しっかりした意見をいうと、周囲から認められるよ。現実的な大...もっと見る >