2017/09/22 18:00

J-POPのルーツのひとつであり、モダンフォークを世界に伝えたピーター・ポール&マリーの『イン・ザ・ウインド』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
1950年代の終わり、アメリカ中に広まったフォーク・リバイバルは、70年代中期に巻き起こったパンクロック・ムーブメントどころの騒ぎではなく、ジャズ、ブルース、ロック、カントリーなど、当時あったポピュラー音楽のあらゆるジャンルに浸透するほどの広がりを見せた。中でも62年にデビューしたピーター・ポール&マリー(以下、PPM)は、ヴォーカル、演奏、ソングライティングに至るまで、他のグループやシンガーを寄せ付けないほどの職人技で、世界中にモダンフォークを広めた。今回紹介する彼らの3rdアルバム『イン・ザ・ウインド』は、当時無名に近かったボブ・ディランの「風に吹かれて」や「くよくよするなよ」をカバーし大ヒットさせただけでなく、名曲がたくさん詰まった真の名盤だ。

■J-POPの素となったモダンフォークという音楽

若い人には理解できないかもしれないが、今、60歳以上の人はプロのミュージシャンであっても一般人であっても、おそらく確実にフォークソングの洗礼を受けている。僕はもう60歳だが、フォーク世代というよりはロック世代なので、フォークのブームはもう少し上の世代なのである。僕が小学生の頃だった60年代の日本で流行っていた音楽は、歌謡曲、フォーク、グループサウンズ、エレキ・グループ、ビートルズ、ジャズ(ジャズだけではないが、前述の音楽に当てはまらない洋楽を当時は全部ジャズと呼んでいた気がする)あたりである。僕の親戚のおじさんやいとこのお兄さんが貸してくれるのはモダンフォークのLPレコードかポップスのシングル盤であり、なぜかビートルズではなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >