2017/09/24 14:30

GLAY、アリーナツアー『SUMMERDELICS』が開幕!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
GLAYが9月23日(土)、25公演で24万人動員の大型アリーナツアー『GLAY ARENA TOUR 2017 “SUMMERDELICS”』を朱鷺メッセ・新潟コンベンションセンターよりスタートさせた。7月12日(水)にリリースし、オリコン1位にも輝いたアルバム『SUMMERDELICS』を引っさげてのツアーであり、約2年ぶりの開催となった本アリーナツアー。初日を含む新潟公演はもちろん両日ソールドアウトとなっており、会場はGLAYの登場を今かと待つ熱気で溢れていた。

オープニング映像と共にメンバーが各々登場。TERUの「カモン!新潟!」という掛け声とともに、アルバムのリードトラック「the other end of the globe」が始まるとアリーナ全体のボルテージは早くもピークに到達し、その後もアルバム『SUMMERDELICS』収録曲を中心に披露した。MCでTERUは「朱鷺メッセ2DAYSは初めてです!GLAY初めての朱鷺メッセ2DAYSという歴史に、皆が愛情を込めてくれることによって、この2日間が僕たちにとっても歴史になると思います。僕らもなかなか会いに来れない分、溜まった愛情をぶつけるので是非受け取ってください」と話し、往年の名曲『HOWEVER』他、新旧織り交ぜたナンバーを披露してファンを喜ばせた。優しい空気が会場を包む中、TERUが「やっとリリースが決まった曲があります」と突如、11月22日(水)にGLAY55枚目となるシングル「WINTERDELICS.EP~あなたといきてゆく~」の発売を発表した。続けて表題曲である「あなたといきてゆく」の作詞作曲を担当したTAKUROが「なんかここで“良い曲”というのを書いてみたいと思って、久しぶりに自分の心の奥底から出てくる思いをストレートに曲にしました。この曲に込めた思いは、素直に長い間応援してくれているみんなと、ずっと支え続けてくれているスタッフと、俺たちの周りにいる全ての人に伝えたいと思って書きました」と楽曲に込めた思いを話した。会場全体が歓喜につつまれる中、「あなたといきてゆく」を披露した。数々の名曲を生んできたTAKURO作詞作曲の新ラブバラードにアリーナ全体が酔いしれた。なおこの楽曲はサプライズでアルバム『SUMMERDELICS』に歌詞カードが封入されていたこともおり、既にライブでは歌詞を口ずさむファンもいた。その後も『SUMMERDELICS』収録楽曲を中心に、ライブ定番曲やライブ披露レア曲などアンコールを含む全23曲を披露し、GLAY約2年ぶりの開催となったアリーナツアーの初日が幕を閉じた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >