2017/09/26 10:00

Hilcrhyme、2ヶ月連続リリースとなる新曲は 真矢ミキ主演の社会派人情ドラマ主題歌に

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
Hilcrhymeが11月22日にシングル「涙の種、幸せの花」をリリースすることが決定した。10月18日には2017年第一弾のシングル「恋の炎」のリリースも決定しており、2ヶ月連続リリースとなる。

楽曲「涙の種、幸せの花」は10月7日スタートの東海テレビ・フジテレビ系連続ドラマ『さくらの親子丼』の主題歌として書き下ろし曲で、メンバーのTOCは“誰かにとっての居場所となりたい、という思いを込めて作りました”とコメントしているとのこと。同楽曲は、聴き手の心を癒すようなHilcrhyme真骨頂のバラードに仕上がっているので、ドラマの初回放送からぜひ注目してほしい。 なお、シングルの初回限定盤DVDには「涙の種、幸せの花」のMVが収録される。

ドラマ『さくらの親子丼』は女優・真矢ミキが主演を務め、古本屋「九十九堂書店」の主人・九十九さくら(52)を演じる。その古本屋の奥には“たまりば”と呼ばれる一室があり、どこからともなく“行き場を無くした人々”が集まる。すると、主人のさくらは、深く詮索するでもなく「親子丼」を出す。相手が誰であろうと無料。空腹が満たされた“行き場のない人”は、少しずつ自分のことをさくらに話し始める。さくらはそれを聞き、「泣きたいときは泣けばいい。落とした涙の粒だけ幸せの花が咲くんだから」と彼らを支えていくという社会派人情ドラマ。 脚本は清水有生が担当する(「3年B組金八先生」ほか)。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >