2017/09/26 16:00

Chara、25周年イヤー締めくくる 『Sympathy』ツアーファイナルが大盛況

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
Charaが9月24日に東京・昭和女子大学人見記念講堂にて全国ライヴツアー『Sympathy』のファイナル公演を行った。デビュー25周年イヤーの締めくくりとして7月19日にリリースされたニューアルバム『Sympathy』に伴うツアーで、CharaをサポートするAurora Bandのメンバーはマイナーチェンジ。長年ツアーを共にして来たものの初のバンマスとなる白根賢一(Ds)を筆頭に、Charaの楽曲のプロデュースも手がける皆川真人(Key)、名越由貴夫(Gt)、竹本健一(Cho)といったおなじみのメンバーに加え、キタダマキ(Ba)と庵原良司(Ts、As、Ss、Flu他)が初参加。ビックキャバレーのショウを思わせるオープニングナンバー「Sympathy」ではCharaも含むメンバー全員がデイジーの花が施されたベネチアンマスクをつけたままで演奏し、「Darling Tree」ではタヒチアンダンサーのYOSHI2が登場して会場を盛り上げ、水曜日のカンパネラのケンモチヒデフミ提供曲「Herbie」では打ち込みのリズムトラックを流し、バンドメンバーは巨大なサーチライトを持って、ステージ上で照明の演出を担当。「KILIG」ではChara、皆川、名越がピアノの連弾をし、さらに、「Rachel」ではクマの着ぐるみを着た白根がCharaと踊った後、着ぐるみのままでパワフルなドラムを響かせるなど、これまでにない演出で満員の観客を楽しませた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >