2017/09/27 18:00

【荒川ケンタウロス】 荒川ケンタウロスが自主レーベルを立ち上げ、 完全セルフプロデュースで再スタート!

半年間休んでいたライヴ活動を再開するとともに自主レーベル『MY UNCLE IS VERY FAMOUS TENNIS PLAYER RECORDS』を立ち上げ、完全復活を果たした荒川ケンタウロス。早速、8月16日に3カ月連続配信シングルの第一弾「暁」をリリースした。そんなシングルに併せてお届けする全3回のインタビューの第1回目。懐かしさと切なさが入り混じる“歌心”という荒ケンの一番の魅力が凝縮された「暁」の話はもちろん、曲作りに対する信念や自主レーベルを立ち上げた経緯、理由についても訊いてみた。

──半年間のライヴ活動休止を経て、6月3日(@TSUTAYA O-nest)と8月19日(@新代田FEVER)の2回、ワンマンライヴを開催しましたが、まずはその感想と手応えを教えてください。

楠本
「8月はちょっと特殊な感じで、初めて観に来る人も多かったと思うんですよ。」

──チケット1枚で2名入れるという太っ腹のライヴでしたね。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >