2017/10/10 15:00

クミコのデビュー35周年記念コンサートに松本隆&村松崇継が登場

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
シャンソニエの老舗、銀座の銀巴里でプロデビューして今年でデビュー35周年を迎え、作詞家・松本隆と17年ぶりにプロジェクトを組んで作り上げたニューアルバム『デラシネ』が話題を呼んでいる歌手・クミコが、10月9日に東京・恵比寿 ザ・ガーデンホールにて『デビュー35周年記念 クミコ・ザ・ベスト・コンサート 1982-2017』と銘打ったコンサートを開催した。

同公演は、松本隆の作詞家生活47周年記念イベント『風街ガーデンであひませう2017』の最終公演として行われたもので、10月5日の前夜祭で妻夫木聡、リリー・フランキーと松本隆によるトークショーで開幕。6、7、8日の3日間にわたって、ゆかりのアーティストたちによるフェス形式のコンサートが行われ、この日がファイナル。今回のステージは、クミコの35年にわたる活動期間の全時代のヒット曲と、最新アルバム『デラシネ』からの全曲を網羅した選曲で構成された。

約750人の熱烈なファンで満席の中での2部構成で、第1部は「今日は、あまりうしろを振り返らないようなコンサートになりそうな予感がします。1部は新しいアルバム『デラシネ』を全部歌わせていただきます。すべて詞は松本隆さんが書き下ろしてくださいました」とあいさつし、松本隆作品から「恋に落ちる」をはじめ、「不協和音」「フローズン・ダイキリ」「砂時計」「輪廻」などを披露。ゲストの作曲家&ピアニスト・村松崇継が紹介され、彼のピアノ演奏でシューベルト作曲「セレナーデ」を歌うと、村松は「伴奏しながら歌に吸い込まれそうです」と絶賛した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

精神的に落ち着いて過ごせる日。父親に感謝の気持ちをあらわす...もっと見る >