2017/10/18 18:00

SUPER BUTTER DOGの刹那の輝きをパッケージしたファンクの名盤『FUNKASY』

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
ハナレグミが通算7枚目となるニューアルバム『SHINJITERU』を10月25日にリリースする。そこで今回は、彼、永積タカシのキャリアのスタートであるバンド、SUPER BUTTER DOGのことを取り上げてみよう。レキシとしての活躍の他、今や役者としても一般層にその名を轟かす池田貴史も在籍していたファンクバンドでもある。彼らの音源を聴き、その歩みを振り返ると、そのバンドとしての成り立ちと進化・深化が実に興味深いことが分かる。

■バンド活動とソロ活動と…

ずいぶんと前の話になるが、過去にバンドを組み、その解散後、シンガーソングライターとして活動しているアーティストにこんな話を聞いたことがある。「ギター1本で歌っていると自分のタイミングでテンポを変えることができるけど、バンドではそれができない。バンドでは自分が欲しいと思う音を他のメンバーに出してもらうことができるけど、独りではそれができない。悩ましいところだ」。細かいところは忘れたが、確かそんな主旨だったと思う。バンドが嫌だからソロをやるとか、ソロでは限界があるからバンドを組むとか、そういうことではなく、どちらにも長所があって、こっちがいいとは一概に言えない──そういう話だったと理解している。我々はとかく醜聞に目が行きがちなので、バンドが解散する時はメンバー間に軋轢が生じた…といった話に収めがちだが(そういう理由で解散するバンドもたくさんあることもこれまた間違いないが)、そのバンドではできないことをやりたくなって活動を休止したり、解散したりするケースもあるということだ。最近だとバンドはそのままに、そのメンバーが新しく別のバンドを立ち上げることも少なくなくなったが、それも上記のケースに含まれると思われる。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >