2017/10/20 17:00

【銀杏BOYZ ライヴレポート】『日本の銀杏好きの集まり』2017年10月13日 at 日本武道館

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
 “今日、ここは僕の部屋です。そして同時に、あなたの部屋でもあります。ひとりぼっちが集まった、僕とあなたの部屋。こんな場所がずっと欲しかった。夢で逢えたぜ!”

 峯田和伸(Vo&Gu)の言葉に応えるように、“オオ~~ッ!”と観客の怒声のような声が上がり、始まった曲は「夢で逢えたら」。日本武道館を埋め尽くす10,000人のひとりぼっちたちの大合唱に、峯田は小さく笑顔を浮かべた。

 10月13日(金)、銀杏BOYZが初の日本武道館ワンマン公演となる『日本の銀杏好きの集まり』を開催した。広いステージには最小限の機材と4人のサポートメンバー、そして峯田と1脚のソファーとブランコというシンプルなセットの中で一曲一曲を10,000人のひとりぼっちに真摯に届け、全21曲を披露した。

 オープニング映像が終わり、SEもなしにサポートメンバーが登場するとドラムから各パートがノイジーに音を重ね、モッズコートを羽織った峯田が登場。大歓声の中、ゆっくりギターを背負った峯田が“hello my friend、そこにいるんだろ?”と語りかけると、ドーンと鳴る爆音のようなバンドサウンドで今年の第一弾シングル「エンジェルベイビー」が始まる。轟音の中、1曲目から目を剥いて鼻水とよだれを流して絶叫する峯田。日本中から集まった銀杏好きたちはライヴハウスのようにもみくちゃになることさえないが、真剣な拳を握ってともに歌い叫び、それぞれの想いをもって歌と演奏を受け止めていた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

どっちつかずになりやすい運気。今日は家に帰って、勉強や調べ...もっと見る >

おすすめキャンペーン