2017/10/21 10:00

【仲宗根 泉 インタビュー】「366日」「NAO」、バラードの女帝・仲宗根 泉(HY)が1分間のバラードを書き上げた

HYを支えるソウルシスター仲宗根 泉のソロアルバム『1分間のラブソング』は、自身がInstagramに上げた歌のスケッチを、HYとは違うテイストで仕上げた美しく愛しい作品集。同時発売の書籍『1分間のラブソング~あなたはあなたでいい~』も併せてチェックしてほしい。

──力のこもったソロアルバムというよりは、親密なプライベートアルバムという手触りの作品だと思いました。

「本当に自分のやりたいことをやって、常日頃から思っているHYの泉ではなくて、仲宗根泉として曲を書けたと思います。“こういうふうに書いたほうが売れるかな?”とかは一切考えずに、ただインスタを見ていて目に留まった、ひとりのファンの方に届けばいいなと思って書いたので。HYの仲宗根泉が書く詞よりも、もっと心に寄り添っている、近しい人が書いたようなアルバムになってるかなって思います。」

──まさに。そもそもインスタで1分間の曲を作ってアップしようというのは、どういうきっかけで始まったんですか?

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >

おすすめキャンペーン