2017/10/22 10:00

【ISEKI インタビュー】“俺はこういう音楽をやっていくんだ”とちゃんと提示できたと思います

元キマグレンのISEKIによるAOR風味のJ-POPカバーシリーズ『AOR FLAVA』の第三弾が完成した。今回も往年の名曲満載、さらに元℃-uteの矢島舞美をコーラスに迎えた新曲もあり、アダルトでウェットなムード満点の会心の仕上がりだ。

──2カ月おき、3枚目のアルバムが完成しましたね。

「このペースでCDをリリースするのは思っていた以上に大変でしたが、いい経験になりました。今後もっと忙しくなることを期待したいですね(笑)。“まだいけるな”って。」

──今だから明かしますが、アルバムのインタビューをしている時点で、2カ月後の次の作品の収録曲が決まっていないという状況も多々ありまして。

「本当にスタッフのおかげです。」

──この3枚目はAORという視点でいうと、意外な曲も入ってますね。桑名正博の「セクシャルバイオレットNo.1」とか。

「この曲に関しては、僕もそういう認識は持ってなかったです。ただ、自分で言うのも何ですけど、この曲は自分の声に合ってるなと。キマグレンの時からずっとやってくれてるヴォーカルディレクションの浅田祐介さんが、“これはISEKIの新しい歌い方だ”って言うぐらい、いい感じでできたと思います。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >