2017/10/28 17:00

布袋寅泰、全国ホールツアーが開幕!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
布袋寅泰が10月26日(木)、全国ホールツアー『HOTEI Live In Japan 2017 ~Paradox Tour~』の初日公演をベイシア文化ホール(群馬県民会館)で行った。結論から書こう。知的でクール、そして布袋寅泰らしい攻撃的でアヴァンギャルドでスウィートな最高のGIG(ライヴ)だった。

10月25日(水)にリリースされた最新アルバム『Paradox』を軸にしながらも、BOØWYやCOMPLEX時代のナンバーも織り交ぜ、テーマとされた“混迷の時代”をリアリティを持って半歩先ゆく視点で描ききった圧巻のステージ。大人のロックンロールの魅力を感じた、鳥肌ものの一夜だった。会場は地元群馬であることもあり、開演前から大きな声援が飛び交うなか、オープニング・ナンバー「Amplifire」で幕は開けた。最新作のリードチューンである硬質なビートを持つロックンロールだ。「Amplifire」とは造語でAmplifier(増幅)とfire(炎)がかかっている。歌詞における「絶望がないから 欲望もない世界」などスリリングなパワーワードに心奪われた。

布袋寅泰は、自身の活動を世界へとよりリンクさせるために現在イギリスに移住している。直接的に感じたであろうイギリスのEU離脱やテロなどの社会問題に揺れる混迷の時代という空気感。日本でも突然の解散総選挙が先日行われたばかりであり、最新アルバム収録曲「Pandemoniac Frustration」で描かれた「銃を規制できないAmerikaの議員 失業者で溢れるEurope 不穏な空気が澱むAsia」という描写のヒリヒリとしたリアル。そして「混迷の時代に神は今何を語るのか」という問いが胸に響く。今の時代だからこそリアルを感じる、破壊力高い近未来デストピア感あるCOMPLEXの「Crash Complexion」(1989年リリース)や、ロマンティシズムな決意表明を感じられた傑作アルバム『GUITARHYTHM III』(1992年リリース)に収録された「DIRTY STAR」の衝撃。そして、イギリスで生まれた音楽に影響を受けた布袋ならではの七色に輝くギターや多彩なビート展開がたまらない新曲「London Bridge」など、アートを感じるポップロック・ナンバーが続く。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >