2017/11/07 10:00

上野耕平、自身の公演で150年前のヴィンテージ・サクソフォンに挑戦

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
若手ナンバーワンサクソフォン奏者との呼び声も高い上野耕平が、コンサートで150年前のヴィンテージ楽器に挑戦する。

サクソフォンは1840年代に楽器の発明家であり実業家であるアドルフ・サックスというベルギー人が開発した楽器。自分の名前をつけるほどの自信作でもある。そもそも、弦楽器と違い木管、金管楽器は消費される楽器であり、150年ほど前に作られた楽器が聴けることはとても珍しいことだ。しかもヴィンテージ楽器には、弦楽器でいうストラディヴァリウスと同様の価値があり、やはり高い値がついているといわれている。

今回上野耕平が演奏するのは、アドルフ・サックス社が1878年に作ったもので、11月11日に行なわれる浜離宮朝日ホールではビゼーの「アルルの女」などを披露するとのこと。ヴィンテージ楽器と現代のモダン楽器の音色を是非聴き比べてみてほしい。

【コンサート情報】

11月11日(土) 浜離宮朝日ホール
時間:15:00
http://eplus.jp/ueno/

【関連リンク】
上野耕平、自身の公演で150年前のヴィンテージ・サクソフォンに挑戦
上野耕平まとめ
オメでたい頭でなにより、2018年元旦にベストアルバム発売&ツアー開催決定

今日の運勢

おひつじ座

全体運

不安から暴走してしまうかも。自分がダメだと思ったら、親しい...もっと見る >