2017/11/08 19:00

【A Barking Dog Never Bites ライヴレポート】『LIBOWTY release party ONEMAN SHOW』2017年11月4日 at 池袋Black Hole

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
 とことん焚き付け、とことん踊らせる。ラウド/ミクスチャー界の狂犬A Barking Dog Never Bitesの最新ミニアルバム『LIBOWTY』レコ発初日はワンマン。彼らは派手な電子音などを排除し、あくまで人力で勝負する肉体派サウンドが特徴。その意味で90年代のスピリットを継承した男臭さを持ったまま、脳天と肉体を揺さぶる多彩な攻撃力に長けている。この日はそれを過不足なく見せつけるかたちとなった。

 Ryo(Vo)、Wataru(Vo)、Sow(Gu)、Talow(Ba)、Kizuki(Dr)のメンバー5人が揃うと、最新作から「ReBowty」「クラックティーンエイジャー」の2連打で幕開け。スクリーム担当のRyo、クリーン担当のWataruのツインヴォーカルを武器に、ヘヴィでダイナミックなサウンドを叩き付けていく。序盤からサークルモッシュが勃発し、早くもフロアーは沸騰状態だ。中盤も矢のように楽曲を畳み掛け、ハンドクラップ、ツーステップ、ヘドバンなど観客に多様な遊び方を提示。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

好奇心のままに動きまわろう。興味のある所に顔を出すと、ワク...もっと見る >