2017/11/14 12:00

【超特急 インタビュー】限界を超えて次のステージへ――デビュー5周年の大舞台で見せる挑戦と飛躍

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
この春夏に5万5,000人を動員した全国ツアーより、追加公演となった初の日本武道館公演がBlu-ray化。30分メドレーにビジュアルポイ等、スペシャルなメニューを盛り込み、その後の進化への大きなきっかけにもなったライヴで超特急の魅力を丸ごと楽しんでほしい。

──5周年記念の日本武道館ライヴですが、ツアーの追加公演とはいえ、メニューのまったく異なる、本当に特別なライヴでしたね。

ユーキ
「そうですね。“僕たちのアニバーサリーライヴが始まるよ”という意味を込めて、冒険の始まりを歌う「One/O Signal」を1曲目に持ってきたり、リフターで7メートル上から登場したり。終始お祭り騒ぎの目まぐるしいライヴだったから、本番前も本当にドタバタだったんですけど、映像を観ると楽しそうな表情をしていて、アニバーサリーに相応しいものになったと思います。」

ユースケ
「会場入りしてからの確認事項も多くて、個人的には焦ったまま本番を迎えたんですけど、4曲目の「超えてアバンチュール」でファンである8号車さんたちのコールを受けた時に不安が一気に吹き飛んで! “これは今楽しまないと損する!”っていう気持ちになれて、武道館の一体感を改めて感じることができました。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気よく自分をアピールすると、好感度アップ。体育会系のノリ...もっと見る >