2017/11/15 13:00

大原櫻子、ツアー最終公演で新曲「さよなら」やカバー曲を歌唱

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
11月14日、大原櫻子の約1万6千人を動員したツアー『大原櫻子 4th TOUR 2017 AUTUMN ~ACCECHERRY BOX~』のファイナル公演がZepp Tokyoにて行なわれた。

オープニングのSEが鳴り響いた瞬間に観客のざわつきが静まりかえり、ステージ上にプロジェクションマッピングで様々な文字が幻想的に写しだされた。すると今度は大原本人の映像も写し出され、文字と絡みあい益々幻想的な雰囲気を作り出す。そして気が付くと本人は既にステージ中央に。そのまま自分の映像と対話するかの様に歌いだした1曲目は3月にリリースされたシングル「ひらり」のカップリングに収録されTVバラエティ番組のテーマ曲となっていた「ALIVE」。幻想的なステージと荘厳な歌唱が美しいスタートとなった。

「ALIVE」の歌唱後すぐさま鳴り響くキラキラしたイントロの2曲目は、2017年夏に秦 基博の作詞作曲で話題となったシングル「マイ フェイバリット ジュエル」。まるでジュエルの様なキラキラした照明と、本人の「皆さん。こんばんわ!最高の一日にしましょう!」と元気な掛け声で一気に明るくキュートな雰囲気を演出。「皆さん、盛り上がる準備はいいですか!!チェリー~~~ブロッサム!!!」とファンにはおなじみのコールアンドレスポンスとともに始まった3曲目は「青い季節」。アッパーなPOPナンバーで一気に観客を盛り上げていく。「今日はテレビと全国の映画館でも生中継されてます!東京の会場の皆さんも負けないでね!」。そう、このツアーFINALは初のテレビ生中継というだけでなく、主要都市の映画館でのライブビューイングも同時に実施されている初づくしのライブ。派手なイントロで更に序盤の盛り上がりを作ったのは「Realize」。ここで観客もいきなり盛り上がりがピークに。続く5曲目は「トレモロレイン」。タイトルに因んだキュートな傘を持った歌唱で、ステージ上を雨に唄えばの様な雰囲気で歌い動き回る。ミュージカルも出演しているだけに思わず本人の動きに観入ってしまう瞬間だった。少し間のあった後に鳴り響くのは「瞳」のピアノイントロ。ここではギターを持ってストレートに歌い、曲の持つ強いメッセージをかみしめる様に歌っていく姿に、観客もサイネージを振りつつもじっくり聴き込んでいた。「瞳」は2番サビをファンに歌ってもらうのが最近のライブの定番となっており、この日のライブでも観客の大きな歌唱を聴く事ができた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

他人にふりまわされず、精神的に落着いて過ごせる日。困ってい...もっと見る >