2017/11/20 10:00

【LAZY インタビュー】伝説のバンドが見据えた新たな未来

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
さまざまなミュージシャンに影響を与えたLAZYが、デビュー40周年記念となるシングルのリリースとライヴを行なうことになった。影山ヒロノブ(Vo)、高崎 晃(Gu)、井上俊次(Key)が、これまでの歩みを振り返りながら、現在のLAZYに懸ける熱い想いを語った。

■デビューから解散までは 3年半だったけど もっと長いことやってたような気がする

──デビューから40周年を迎えた今、LAZYに対してはそれぞれどのようなことを思うのでしょうか?

影山
「三者三様だと思うんですけど、間違いないのは3人ともLAZYがプロの世界に導いてくれたスタートということですよね。しかも、一番感受性の強かった10代の頃がそのままLAZYですし。今回の40周年のリリースとライヴに向けても、すごく気持ちが高まってますね。」

井上
「40年って長いですけど、僕にとっては何か短いような気もしててね。ひぐっつぁん(ドラマーの樋口宗孝の愛称。2008年に永眠)と宏幸(ベーシストの田中宏幸。2006年に永眠)はもういないですけど、最近、ふたりともよく夢に出てくるし(笑)。今回の制作では、そういう気持ちも込めながら演奏したり、曲を作ったり…そういったこの1カ月間は、今の自分にとってはすごく貴重なタイミングだったなと思います。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

五感を生かした実用的な趣味が楽しい日。料理やアクセサリー作...もっと見る >