2017/11/21 17:00

【She, in the haze インタビュー】 いい作品を作ることを目的に音楽をしている

圧倒的な楽曲の世界観とどこまでも広がっていくような、浸透してくるようなサウンドスケープ。バンドサウンドの生々しさとエレクトロなクールなビートが交錯するサウンドは、ライヴとなると両方向に振り切り、観る者の高揚感を高め、さらに透明感のあるウエットなヴォーカルが届ける英詞の歌が想像力を掻き立てる。それがShe, in the hazeのライヴの醍醐味のひとつだと言えるだろう。そんなShe, in the hazeというバンドについてコンポーザーのyu-ki(Vo&Gu)に語ってもらった。

──先日のライヴを観ていても思ったのですが、白い衣装やアンプというビジュアルだったり、霧がかかっているような顔が見えないくらいの薄明るい照明だったり、ライヴでの魅せ方や音楽性とバンド名がすごくマッチしているなと。なので、まずは“She, in the haze”という名前の由来、そこに込めた想いを教えてください。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

伝統にまつわることにツキがあります。神社や仏閣に参拝したり...もっと見る >