2017/11/22 14:00

【荒川ケンタウロス ライヴレポート】『starry night flight』2017年11月11日 at 多摩六都科学館

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
 荒川ケンタウロスが“starry night flight”と題して、念願だったというプラネタリウムコンサートを11月11日に多摩六都科学館プラネタリウムドームで開催した。ここでは“夕の部”“夜の部”というセットリストの異なる2ステージ制だった『starry night flight』の夕の部をレポートする。

 “ずっとプラネタリウムでライヴがしたいと思っていました。それが今日、叶いました”。3曲目の「君の季節」を歌い終わると、一戸(Vo&Gu)は嬉しそうに語ったが、この日のライヴは彼らの念願が叶ったという意味だけに止まらず、新しいコンサートのかたちというか、観せ方を提示していたという意味でも特別なものになったんじゃないか。階段状に並んだ客席を覆っている直径27.5メートルの大型ドームスクリーンをダイナミックに使った、スペクタクルとも幻想的とも言えるライヴを観ながら、クラシックだけに限らず、ロックバンドによるプラネタリウムコンサートは今後もっともっと増えていくんじゃないか。いや、増えていってほしいと期待せずにいられなかった。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

現実離れした言動をしがちな今日のあなた。プライベートと仕事...もっと見る >