2017/11/27 06:00

中島みゆき、ライフワーク『夜会』のダイジェスト版『夜会工場』VOL.2がスタート!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
中島みゆきの4年ぶりとなる『夜会工場』VOL.2が11月26日(日)より東京・府中の森芸術劇場よりスタートした。『夜会工場』とは1989年からスタートした中島みゆきが原作、脚本、作詞作曲、演出、主演という世界でも例がない音楽舞台『夜会』のダイジェスト版というのが、一番解りやすい説明になるだろう。1989年の第一回中島みゆき『夜会』から、記憶に新しい昨年2016年の『夜会』としてはVOL.19となる「橋の下のアルカディア」までの名場面を集めたダイジェスト版が今作の『夜会工場』VOL.2となる。

現在、『夜会』は舞台演出上の都合により東京でしか開催されていない。仕事や家庭があって東京の『夜会』に来られない方のために、『夜会』の雰囲気を少しでも楽しんでいただこうと、各地で公演する形をとっているのが『夜会工場』である。

今作は、前回2013年11月から4都市(東京・名古屋・大阪・福岡)で13公演行われた『夜会工場』VOL.1を踏まえて更に進化。解りやすく観ていただこうとセット上に設置された電工掲示板に、演目に合わせて『夜会』の出典作品が解るようにテロップを流したり、各所、場面を説明する言葉をそっと添えるなどして『夜会工場』の目くるめくシーンの数々を楽しく解りやすく演出してくれている。次から次へと転換していく舞台、シーンに合わせて様々に変わっていく衣裳、そして『夜会』に準じる瀬尾一三アレンジによるダイナミズムに溢れた豊かな生演奏の音楽。中島みゆきの歌を抜群の歌唱力で支える中村中や石田匠といったキャストがそろっているのも『夜会工場』の魅力である。今作における中島みゆき歌唱の1曲目は、1989年第1回目の『夜会』冒頭シーンであった「泣きたい夜に」。もはや伝説となった夜会ファンにはたまらないオープニングから『夜会工場』のテーマ曲「産声」まで全29曲。怒涛の歌の渦とともに『夜会』の名場面の世界に身をゆだねてもらいたい。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

気になることがあったら徹底的に調べてみよう。周囲の人に教え...もっと見る >