2017/11/29 19:00

【メガマソ ライヴレポート】『MEGAMASSO FINAL LIVE “世界が正しい夜に、ここにいて。”』2017年11月23日 at 北とぴあ さくらホール

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
 1曲目の「シスタン」でライヴが幕開けてもオーディエンスは身じろぎもせず、じっと息を飲んでステージの行方を見守っていた。結成から11年を経て、解散という決断を下したメガマソのラストライヴ。歓声のひとつもあげず、最後の晴れ舞台を五感に刻みつけようと立ち尽くすオーディエンスの光景は、メガマソがひたすら独特な世界観を描き出すことに心血を注いできたことの何よりの証だっただろう。身体的パッションを放出させるスタイルが大多数を占めるバンドシーンにおいて、彼らは間違いなく特異な存在であった。だからこそ、熱烈に心酔されてきたのである。

 その証拠に最初のMCでインザーギ(Vo)が“俺たちがメガマソだ!”と声をあげると、割れんばかりの歓声が返る。“俺たちにとって特別な日です。忘れられない1日にしたいと思いますので、今日はとことん付き合ってください!”と続けた彼が求めるまま、「ライデンムシュフシュ」では“ハイ! ハイ!”と拳が振り上がり、その光景にGou(Ba)が思わず口元を緩める瞬間も。しかし、すぐに顔を引き締めてクールな佇まいを崩さなかったのは、“いつもと変わらない特別な1日にしたい。いつも通り楽しんで”(インザーギ)という想いの表れでもあっただろう。涼平(Gu)の笑顔満開ぶりも普段と変わらず、“特別”を示唆するのは全員白で揃えた衣装のみ。その姿は楽曲の情景を色鮮やかに映し出す中盤で、摩訶不思議なムードをより濃厚なものとし、「君は埋没林に向かう。」でインザーギの朗々たるアカペラに耽溺させる。予定調和とは一切無縁の何が飛び出すか分からない不条理なワンダーランドは「DeepSnow」で爽快に疾走し、ヘッドバンギングとコールが吹き荒れる「ベゾアルステーン」で赤く燃え上がって、“君たちのために”と贈られた「ザワールドイズマイン」でクライマックスへと飛翔。そして、しっとりと進んだ「ichigoサマーデイズ楽しみさい」のアウトロで、変拍子をバックに涼平が爪弾く学校チャイムで終わりを告げる。あまりにも美しい締め括りは、“どんな音を出すか”よりも、“どんな世界を作るか”にこだわってきた彼らならでは。最後のステージを迎えても、だから安心しているのだとインザーギはアンコールで語った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >