2017/12/02 12:00

LACCO TOWERの松川ケイスケと真一ジェットによるユニットが2018年より本格始動

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
LACCO TOWERのVo.松川ケイスケとKey.真一ジェットによるユニット“松川ケイスケと真一ジェット”。不定期で活動していたこのユニットが2018年から本格始動する。2018年2月23日(金)高崎コアホールにて、2018年3月3日(土)はMt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREにて同ユニットのワンマンライブが決定した。『名うての唄ひ手』と名付けられた2公演は両日ゲストとして、中田裕二の出演がアナウンスされている。チケットは、12月2日(土)12:00~12月4日(月)23:59までの3日間、ファンクラブ先行という形で予約受付が開始される。

なお、『I ROCKS 2018 stand by LACCO TOWER』への出演も決定している。

■【Vo.松川ケイスケ コメント】

「僕が所属するLACCO TOWERは2017年で15周年を迎えたバンドです。その長くめぐる季節の中で、LACCO TOWER自体がなかなか活動を出来ない時期がありました。その時期に引き寄せられるように始めたのが、この松川ケイスケと真一ジェットです。そんな流れから生まれた産物が、こんな風にホールツアーをやらせていただけるとは夢にも思っておらず、感涙で前が曇っております。しかも今回、私の数少ない完全プライベートの友人であり、同じミュージシャンとしては先輩であり、ある種恋焦がれていた名うての音楽家、中田裕二氏と共に開催させて頂く運びとなりました。中田氏の人柄、そして声、その色香とともに、我々の演奏が皆様に届き、素晴らしい1日となる事を夢見ております。皆様のご来場心よりお待ちしております。最後に。一人の友人として、中田裕二氏に深く御礼申し上げます」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >