2017/12/14 13:00

けやき坂46、全国ツアーファイナルに2日間で1万4千人が熱狂!

 (okmusic UP's)
(okmusic UP's)
けやき坂46(通称:ひらがなけやき)の全国ツアーファイナルが12月12日(火)13日(水)と幕張メッセイベントホールにて開催され、2日間計1万4千人の大観衆を熱狂させた。けやき坂46は、遅れてグループへの加入が決定した長濱ねるの合流とともに発足が決まり、2016年4月にリリースした欅坂46のシングル「サイレントマジョリティー」の約1カ月後の2016年5月に11名のオーディション合格者とともに誕生。結成当初は欅坂46の妹分的な存在としての活動であったが、着実に人気と実力を積み重ね、2017年3月から欅坂46に先駆けて6都市8公演の全国ツアーを開催。約8カ月にもおよぶ長期間のツアーが遂にファイナルを迎えた。6都市8公演で合計2万8千人を動員したツアーファイナルは、けやき坂46の2期生のサプライズ初登場もあり、大熱狂となった。

OVERTUREから大歓声で迎えられ、けやき坂46として最初の楽曲「ひらがなけやき」から公演はスタート。「世界には愛しかない」では、さっそく紙テープが乱れ飛ぶと早くも会場のボルテージは急速に高まっていく。そこからユニット曲を披露し、この全国ツアーの各会場でチャレンジしてきたパフォーマンスをメドレー形式で披露。タップダンス、マーチング、カラーガード、ポイ(ジャグリングの一種)と洋楽カバーを織り交ぜ客席を魅了した。そして、佐々木久美の呼び込みのもと、けやき坂46の2期生が登場。トランペットを吹くメンバーや苦手な人参をステージ上で食べて克服するメンバー、オリジナルのラップを披露するメンバーなど、それぞれが自分の個性を最大限に活かした自己紹介をすると、けやき坂46の1期生・2期生の初の合同曲「NO WAR in the future」を披露し、一気に会場の熱も高まり後半戦へと加速していく。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

目的が同じ仲間を集めて、グループ活動を始めてみよう。趣味の...もっと見る >