2017/12/20 10:00

【mol-74 インタビュー】最後の作品になったとしても後悔のない作品を作ろうと思った

──前ミニアルバム『colors』は“色”というテーマを持って取り掛かった作品でしたが、今作は“▷ (Saisei)”というタイトルをはじめ、録音再生機器のボタンのマークをイメージしたタイトルが並んでいて。

「最初は“曲名が記号だらけのアルバムとか面白そうだなぁ”っていう、ほんと漠然としたものだったんですよね。前々作の『kanki』、前作の『colors』はmol-74としての幅を広げようと制作してたんですけど、次はもっとmol-74の本質的な部分に焦点を当てて作りたいなぁと思ったんです。一番最初に全国流通でリリースした『越冬のマーチ』は“僕らにしかできないことをやってやろう”とか“面白いことをやってやろう”っていう気持ちで制作したもので、前々作、前作でmol-74というバンドのポップを追求した反動といいますか、その頃のメンタリティーを思い出そうよっていう空気にバンドがなっていったんです。仮に次の作品が最後の作品になったとしても、mol-74として後悔のない作品を作ろうっていう。そこで曲のタイトルが記号なんて、『越冬のマーチ』の頃の僕たちなら絶対面白いと思って制作し始めるだろうなって(笑)。それにたまたまですけど、そういう想いにまさしく“▷”マークが再生するという意味でもぴったりだったのもあって、そこから全体像を詰めていったという感じですね。メンバーがひとり増えたことも踏まえて、これからの僕たちを“再生”させるという意味も込めてます。」

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何事もハッピー気分で楽しめる一日。ポジティブシンキングでい...もっと見る >